英語の習得には努力が必要

努力なしで英語の習得はない

英語を勉強している多くの人が勘違いをしていることがあります。

 

それは何の努力もなく英語ができるようになる、話せるようになると考えている人、信じている人がいるということです。

 

なぜこんなことが起こってしまったのか、それは努力をしなくても英語が話せるようになるという宣伝をしている聞き流し英会話教材がたくさんあることに影響されていると感じます。

 

しかし、プロが教える最強の英語勉強法(eigobenkyo.net)などまともな情報が書かれた英語学習サイトを読めば、いかに英語というものの奥が深く、学ばないといけないものがたくさんあるかが分かります。

 

このような情報を知らない人ほど、ただ英会話を聞き流す、聞いていさえいればいつかは自然と口から英語が飛び出すと考えていたりします。

 

これはある意味、英語における情報弱者ではないでしょうか。

 

本音と建前というものが英語の勉強においてもあるものです。

 

努力をしなくても英語ができるようになるという宣伝は本音でしょうか。

 

それとも建前でしょうか。

 

英語には努力が必要だというのは本音でしょうか。

 

それとも建前でしょうか。

 

世の中には英語に限らず情報が氾濫しています。

 

その情報の洪水の中から何が本音で何が建前かを見抜くのは個人の責任です。

 

このサイトでは英語とは苦労が多く、努力なくして身につくことはないと本音で伝えています。

 

この情報に目を伏せることも、信じることもすべては情報を受け取る人によります。

 

英語の奥は深く、それを知ることこそ上達であり、楽しみでもある、こう感じれる人のみが英語を習得できます。

 

努力をすると決断することから英語ははじまります。